アサヒテクノリサーチは、最新技術を取り入れた様々な分野の
分析・測定・調査を行い、信頼のおけるサービスをお客様へご提供します。

トピックス

  • 2万戸を超える全国の公営住宅において毒性が強いとされる吹付アスベストの使用が確認されました。
    TV放送で明らかになりましたがこれは氷山の一角であり、今後も情報が明らかになるにつれ反響が大きくなるでしょう。
    アスベスト問題はまだ終わっていません。アスベストによる被害者がこれ以上増えないためにも適正な管理・対策が求められます。
    アサヒテクノリサーチは建物調査・評価・分析・測定の分野でアスベスト問題に真摯に取り組んでいきます。
  • 【作業環境測定関係】
    三酸化二アンチモンについて健康障害防止措置等が義務付けられました。平成29年6月1日から施行・適用され、一部に経過措置(猶予期間)が設けられています。対象作業は三酸化二アンチモンを含む製剤の製造・取扱い作業全般(樹脂等により固形化された物を取り扱う 業務を除く)。平成30年6月1日からは作業環境の測定が義務化されます。
  • 【土壌汚染関係】
    平成29年4月1日から土壌汚染対策法でクロロエチレンが規制対象になりました。弊社では、昨年度からクロロエチレンの分析に対応しております。
    特に、土壌ガスのクロロエチレンは現地分析が困難ですが、弊社ではラボでGC-MSを用いて他のVOC規制項目と同時分析が可能です。
  • 【リスクアセス関係】
    平成29年1月13日に日本作業環境測定協会主催による「リスクアセスメントの現状と今後の課題―作業環境測定機関における実施事例―」と題して座談会が開催された中で弊社の平原社員が出席しました。未規制化学物質の自主的な管理を今後どうやって定着させるか等、熱い議論を交わしました。その内容は平成29年3月1日発行の情報誌「作業環境」に掲載されています。
  • 厚生労働省委託事業「平成28年度石綿分析機関能力向上事業」において、当社の社員が技術指導員として協力致しました。
  • 建設コンサルタントの登録を受けました。(平成28年6月24日付)
  • 2016年7月14日に大竹市商工会主催の「おおたけお店めぐり」で5名の大竹市民の方が弊社を見学されました。見学会では、電子顕微鏡による頭髪の観察や飲料水の分析を実際に行いました。
  • 【環境情報】
    平成28年6月1日から作業環境測定対象以外の化学物質のリスクアセスメントが新たに義務付けられました。
  • 【アスベスト関係】
    総務省は2016年5月13日に厚生労働省と環境省に対し、アスベストを使用した建物の解体工事において、その使用を見落としたまま解体されるケースがあるとして適切な指導を行うよう勧告しました。

    これを受けて、環境大臣は同日の記者会見で対策を強化する考えを示しました。
  • 【アスベスト関係】
    2016年3月22日に偏光顕微鏡を用いたアスベスト定量法であるJIS A 1481-4「建材製品中のアスベスト含有率測定方法―第4部:質量法及び顕微鏡法によるアスベストの定量分析方法」が制定されました。
  • 【アスベスト関係】
    2015年9月に(一社)日本環境測定分析協会が技術者対象に実施した「JISA1481-1」技能試験において、全国32名の合格者のうち当社は3名の合格者を出しました。
  • 【アスベスト関係】
    日本作業環境測定協会が実施している「石綿分析に係るクロスチェック事業」のうちJIS A1481-1による項目に参加し、2名が認定を受けました。
    本項目のクロスチェック事業は今回が初開催であり合格者は全員Cランクに認定されます。
  • 【アスベスト関係】
    弊社社員が廃棄物資源循環学会研究発表会(2015年9月開催)で他機関と共同研究していますアスベストの最新分析に関する口頭発表を行いました。
    「アスベスト定量法(ISO22262-2)におけるポイントカウント法の実験的検討」
    発表した分析法は今年度、日本でJIS化が予定されています。
  • 【業務向上への取り組み】
    「環境と測定技術」に当社の技術報文が掲載されました。
    No.7 Vol.42、2015「エクセルを活用した分析機器のネットワーク化による業務改善〜転記ミスや多重チェックを減らす業務の効率化の生産性の向上」
  • 【アスベスト関係】
    「環境と測定技術」に当社の技術報文が掲載されました。
    No.6 Vol.42、2015「建築物石綿含有建材調査者の講習内容と環境測定・分析業界のメリット」
  • キーエンス社製の3Dマクロスコープを導入いたしました。
    これにより、非接触での面の3D測定、うねりや微細な形状変化、面粗さの測定が可能になります。
  • 【アスベスト関係】
    (一社)日本環境測定分析協会の「平成26年度 アスベスト技能試験」に中四国九州の試験所では、当社のみが合格いたしました。(全国で36試験所)
    この技能試験は、昨年新しく制定された「JISA1481-1」を対象としています。

環境調査

品質調査

調査・解析・実験

機器開発・メンテナンス


最新情報&更新情報


▲ページTOPへ戻る