作業環境測定

 労働者の健康障害を未然に防止する為に、労働者が有害な物質にどの程度さらされているのかを把握する必要があります。その手段として、作業環境測定があります。
 作業環境測定は、その内容により測定期間、測定に必要な資格等が労働安全衛生法により定められております。
 当社では、作業環境測定士や空気環境測定実施者等の有資格者が多数在籍しており、豊富な測定実績と知識の元に、適切な測定及び評価をさせて頂きます。

  • 工場内の作業環境測定(粉じん、特定化学物質、金属、有機溶剤、騒音)
  • 「局所排気装置の定期自主検査指針」に基づく検査
  • 事務所等の空気環境測定(浮遊粉じん、一酸化炭素、二酸化炭素、気流、温度、湿度、照度、ホルムアルデヒドなど)
  • 空気清浄度測定(クリーンルームにおける空気清浄度測定)
作業環境測定(粉じん) 空気環境測定

シックハウス(室内空気中化学物質)濃度測定

 シックハウス症候群が問題となり、国は様々な法律により、室内における化学物質の濃度について規制をしております。
 当社では、厚生労働省の「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」で示されている採取方法と測定方法を始め、国土交通省の「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に規定する評価方法基準、文部科学省の「学校環境衛生の基準」等に対して、また検知管による簡易測定法等、ご要望に応じた測定方法により、採取から分析まで実施しております。

  VOC アルデヒド
▲ページTOPへ戻る